W/Oエマルション形成過程における重油の物性変化 Changes in Physical Properties of Heavy Oil During W/O Emulsion Formation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

W/Oエマルション形成時におけるA重油, C重油の含水率および粘性の変化について実験的に検討した.A重油はW/Oエマルションをほとんど形成しなかった.C重油の場合, 蒸留水に比べて人工海水との方が, エマルション化が遅く, 同一の振とう時間におけるエマルションの含水率は低かった.本実験条件においては, 水相の種類に関わらず, C重油エマルションの含水率と粘性の関係はMooney式に従った.

Changes in water content and viscosity for A- and C-heavy oil during emulsion formation are experimentally examined. The A-heavy oil hardly forms a W/O emulsion. For C-heavy oil with sea water, the rate of emulsion formation and water content for the same shaking time are lower than those of C-heavy oil with distilled water. Regardless of the kind of water phase, the relationship between water content and viscosity of the emulsion of C-heavy oil is well expressed by the Mooney equation.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(6), 975-976, 1998-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002836449
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4600133
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ