EGSTAR(イージースター)撹拌翼の気液物質移動特性 Characteristics of Gas-Liquid Mass Transfer for EGSTAR Agitator

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

バイオリアクターとして実用化されているEGSTAR撹拌翼の形状・寸法 (開孔率, 上下取付翼の羽根幅, ドラフトチューブ高さ) を変化させて気液物質移動容量係数<I>k<SUB>L</SUB>α</I>を測定し, 翼形状・寸法が気液物質移動容量係数に与える影響について, 以下の知見を得た.<BR>単位体積当たりの撹拌所要動力が0.5~4.0kW/m<SUP>3</SUP>の範囲において, 気液物質移動容量係数は, EGSTAR撹拌翼の開孔率や上下取付翼の羽根幅によらず, 単位体積当たりの撹拌所要動力のみに依存した.また, ドラフトチューブ高さの低いEGSTAR撹拌翼ほど通気支配から撹拌支配へ遷移する点が低動力側にシフトした.

The gas-liquid mass transfer volumetric coefficient <I>k<SUB>L</SUB>α</I> for an EGSTAR agitator, which has been practically used as a bioreactor, is measured. The effect of geometries (i.e., hole fraction, pitched paddle width, draft tube height) on <I>k<SUB>L</SUB>α</I> is clarified experimentally. <I>k<SUB>L</SUB>α</I> depends only on the power consumption per unit volume (<I>P</I><SUB>av</SUB>+<I>P</I><SUB>gv</SUB>), regardless of the hole fraction and the pitched paddle width in the power region of (<I>P</I><SUB>av</SUB>+<I>P</I><SUB>gv</SUB>) =0.54.0 kW/m<SUP>3</SUP>. As the draft tube height of EGSTAR agitator is lower, the power consumption at the transition point from bubbling controlling to agitation controlling is lower.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(6), 977-979, 1998-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002836453
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4600134
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ