複数企業における紙類に着目した環境パフォーマンス評価とその環境監査に関する研究 Study of an Environmental Performance Evaluation and its Environmental Audit for Paper Flow in Eight Offices

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 広島市に本・支店を設置している8社の企業を現場の実験系として設定し, 「系」と「環境」との理念に基づいた環境パフォーマンス評価とその環境監査を実施した。測定項目としては, 導入部では, 直接導入資料, 配送物, コピー用紙について, 系内では, うら紙の発生量と使用量FAXの受信量・送信量について, 送出部では, 直接送出資料, 間接送出資料, 可燃ごみ, 資源ごみについて, その重量を項目別に調査票に記入した。実態調査は1995年の6月から9月にかけて, 各社一週間で行った。測定結果をもとに, 各企業における物質とエネルギーの出入りをまとめ, 環境監査の基礎的データとなる環境収支簿記を作成した。また, それをもとに物質の流れ図も作成した。環境収支簿記をもとに, 8社の企業における環境影響評価および改善評価を行った。これにはCO2発生量を指標として, LCAによるシミュレーションを行った。8社のうち, 4社はCO2総発生量の約3割を既に削減していたが, 2社は1割弱であり, 残り2社はほとんど削減していなかった。このように現状での取り組み達成度は各社異なっていたが, 今後の取り組みによる将来削減可能量としては8社ともCO2では約6割となることがわかった。In this study, an environmental performance evaluation and its environmental audit was carried out for eight main or branch offices in Hiroshima City. Each location was studied selected as an experimental system, based on the theory that the 「system」 and the 「environment」 are distinct from one another. Incoming parts (incoming materials, deliveries and incoming copy paper), circulation (one sided paper both produced and consumed, FAX), and outgoing parts (outgoing materials, trash to be burned and to be recycled) were considered as subjects and measured in the investigation.The measurement for each office was performed for a period of one week between June and September 1995. Based on the measurement results, the incoming and outgoing materials were systematically arranged, and an environmental balance accounting, which is the basic data for environmental audit, was presented. Moreover, taking the environmental balance accounting as a basis, a flow diagram of the materials was drawn, and evaluations of various environmental effects and related improvements were carried out in the eight offices. In these evaluations, the level of CO2 emission was used as an index, and was simulated using the LCA technique. The results for the CO2 emission level in the eight offices were : four of them had an approximate 30% reduction ; two less than a 10% reduction ; while the remaining two showed almost no change at all;Although there were different results for each office in these evaluations, overall approximately a 604000f reduction for CO2 was possible for each of the eight offices.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 8(6), 251-260, 1997-09-30 

    廃棄物資源循環学会

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002841758
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4323346
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ