人工ゼオライト原料としての石炭フライアッシュの成分組成について Study on the Chemical Composition of Coal Fly Ash as a Raw Material for Artificial Zeolite

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

石炭火力発電の廃棄物である石炭フライアッシュをアルカリ処理することにより, 陽イオン交換能, すなわち陽イオン交換容量を有する人工ゼオライトが生成する。大きな陽イオン交換容量をもつ人工ゼオライトが生成する石炭フライアッシュの成分組成を明らかにするとともに, その処理条件についても検討した。<BR>主な結果は以下の通りである。 (1) 人工ゼオライトの陽イオン交換容量は石炭フライアッシュ中の非晶質Al<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB>含有量に依存する。 (2) フライアッシュ中のAl<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB>含有量あるいはNa<SUB>2</SUB>O+K<SUB>2</SUB>O含有量が増加するにしたがって非晶質Al<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB>含有量が増加し, それより生成した人工ゼオライトの陽イオン交換容量も増加する。 (3) 石炭フライアッシュのアルカリ処理過程でAl源を添加することにより陽イオン交換容量の大きな人工ゼオライトが生成する。

Artificial zeolite (A.Z.) having a high cation exchange capacity (C.E.C) is formed by treating coal fly ash (fly ash), discharged from a coal-fueled power plant, with an alkali solution.<BR>This study was carried out to determine the chemical composition of fly ash suitable as a raw material for A.Z. and to establish the process conditions to form A.Z. having a high C.E.C. from fly ash.<BR>The results can be summarized as follows :<BR>(1) The C.E.C. of A.Z. depends on the non-crystalline Al<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB> content in flyash.<BR>(2) The C.E.C. of A.Z. and the non-crystalline Al<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB> content in fly ash increase as the content of Na<SUB>2</SUB>O+K<SUB>2</SUB>O and/or Al<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB> in the fly ash increase.<BR>(3) A.Z. with a the high C.E.C. is formed through the addition of a suitable Al resource in the process of treating fly ash with an alkali solution.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 8(6), 280-287, 1997-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002841829
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4323349
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ