酸素免疫測定法によるダイオキシン類のスクリーニングに関する研究 Screening Studies on Dioxin Using Enzyme Immunoassay

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

廃棄物の処理・処分の各段階におけるダイオキシン類を低コストで迅速に検知する方法の一つとして, 近年開発された酵素免疫測定 (EIA) 法の適用可能性について検討した。まずダイオキシンEIAの感度と再現性および濃度依存性を確認した。次に都市ごみ焼却施設からのEP灰試料を用いて干渉物質の影響について検討し, 粗抽出試料と最終精製試料とで有意な差がなく, EP灰では粗抽出液での測定が可能であることが示された。さらにEP灰に加え排ガスや汚泥試料の粗抽出液を用いてEIA測定を行い, GC/MS分析によるTEQ値との比較を行った。両者の間には良好な相関が得られたが, 低濃度域試料ではダイオキシン類の存在量に依存しない正の干渉要素が示唆された。これらの詳細な検討は課題として残るものの, EIA法はダイオキシン類のスクリーニング技術として有望であり, 抽出操作の迅速簡易化や低濃度域試料における妨害要素の除去により, さらに広範囲な適用が可能になると考えられる。

To date, it has been financially difficult to control and suppress dioxins generated in all stages of the waste treatment and disposal, largely because the analysis cost of dioxins by GC/MS is more expensive. For this reason, as one easy, rapid and cost-effective screening method, the applicability of <I>Enzyme Immuno Assay</I> (EIA) for 2, 3, 7, 8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin (2, 3, 7, 8-TCDD) was studied in this report. The sensitivity, reproducibility and concentration dependence in the dioxin EIA were investigated and confirmed. Standard-addition experiments to crude fly ash extract samples suggested something to influence upon EIA. Consequently, an EIA analysis at each stage of the clean-up process was investigated, and showed that there were no significant differences in data between the crude extracts and the refined samples. This indicated that crude extracts could be used for EIA. In the fly ash and stack gas sample EIA results, the data correlated to the TEQ value obtained by GC/MS analysis. However, there were some independent influences from dioxin amounts found in extracts of lower concentration samples. It was concluded that EIA would be a useful screening method for dioxins if rapid and easy extraction methods for removing abstructions were developed.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 8(7), 311-320, 1997-11-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002841876
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4366616
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ