藻類の生長に対する都市ごみ焼却飛灰の溶出毒性 Toxicity of Municipal Waste Incinerator Fly Ash using Algal Growth

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

都市ごみ焼却飛灰を試料として環境庁告示13号法にしたがって作成した溶出液の毒性を藻類生長阻害試験によって評価した。その結果, この溶出液は藻類の生長に対して強い毒性を示した。<BR>化学分析結果との比較によってこの溶出液の藻類に対する毒性の主因について検討したところ, 亜鉛がその毒性に大きく寄与していることが明らかとなった。したがって, 生態毒性も含めて都市ごみ焼却飛灰の適正管理を考える際には, 現在は未規制である亜鉛についても配慮が必要となる可能性があると考えられた。

The toxicity of municipal solid waste incinerator fly ash leachate, which was prepared via the standard Japanese leaching test, was evaluated by algal assay using <I>Selenastrum capricornutum</I>. The EC 50 was 1/1750 which showed that the toxicity of the leachate was high.<BR>The concentration of heavy metals in the leachate and the EC 50 of each metal was compared in order to determine the major toxic element in the fly ash. The result showed that zinc was the major toxic element. This implied that zinc must be specifically targeted in MWI fly ash treatment and disposal.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 8(7), 321-326, 1997-11-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002841895
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4366617
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ