高効率化ゴミ発電におけるエネルギー回収とCO_2排出量削減効果の推定 Estimation of Energy Recovery and Reduction of CO_2 Emissions by Advanced Power Generation from Municipal Solid Waste

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ごみ焼却熱を利用して発電を行うためには発電設備を追加設置しなければならず, これらの設備の製造・建設・運転に伴うエネルギーも必要となる。ここでは, ごみ発電の高効率化を目的としたリパワリングおよびNOx, ダイオキシン同時抑制を目指したリバーニングについてライフサイクルエネルギーバランスを検討し, これらの方法がエネルギー回収に有効であり, また, リパワリングではごみ焼却炉に併設するガスタービンについて総合的に効率の最も良くなる最適なサイズが存在することを示した。

Using the heat from waste incineration to generate electricity requires the addition of generating equipment, and the manufacture, construction, and operation of this equipment also uses energy. In this study, we examined the life cycle energy balance in relation to repowering, which is meant to increase MSW generating efficiency, as well as reburning, which is aimed at limiting both NOx and dioxin emissions. We found that these are effective methods for energy recovery, and that gas turbines combined with waste incinerators for repowering had the optimum size to improve overall efficiency.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 8(7), 335-341, 1997-11-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002841922
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4366619
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ