写真廃液中に含まれる成分のフェントン処理および生分解性の評価 Enhanced Biodegradation of Refractory Chemicals in Film-processing Wastewater by Fenton Pretreatment

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 横井 亜希 YOKOI Aki
    • 東京農工大学大学院工学部化学工学科 Dept. of Chemical Engineering, Faculty of Technology Tokyo University of Agri. and Tech.
    • 太野 公人 FUTONO Kimihito
    • 東京農工大学大学院工学部化学工学科 Dept. of Chemical Engineering, Faculty of Technology Tokyo University of Agri. and Tech.
    • 林 彬勒 [他] LIN Binle
    • 東京農工大学大学院工学部化学工学科 Dept. of Chemical Engineering, Faculty of Technology Tokyo University of Agri. and Tech.
    • 細見 正明 HOSOMI Masaaki
    • 東京農工大学大学院工学部化学工学科 Dept. of Chemical Engineering, Faculty of Technology Tokyo University of Agri. and Tech.
    • 村上 昭彦 MURAKAMI Akihiko
    • 東京農工大学大学院工学部化学工学科 Dept. of Chemical Engineering, Faculty of Technology Tokyo University of Agri. and Tech.

抄録

写真廃液はEDTA, CD-4のような難分解性有機化学物質を多量に含むため, 単一処理は難しい。<BR>フェントン処理とは, Feイオンが触媒として存在下で, 強力な酸化剤である。OHを生成する反応であり, 写真廃液処理に, 化学酸化→生物処理プロセスは有効であると思われる。<BR>そこで, 本研究では写真廃液中に含まれる20種類の化学物質 (メトール等) のフェントン分解性と, その後の生物処理において生分解率の測定から, フェントン処理が生分解性に与える効果を評価した。また, 逆プロセス (生物処理→フェントン処理) の効果も検討した。<BR>その結果, 各物質はフェントン酸化によりDOCの30~50%程度除去され, その後100時間の生物処理により, DOC90%以上の除去ができた。また, 逆プロセスによる除去率は (EDTAを除いて) 60%程度であった。よって難分解性有機化合物はフェントン処理により, 易分解性物質へと変換したものと考えられた。

It is difficult to treat film-processing wastewater (FW) only with a single process, because FW contains many refractory chemicals such as EDTA and CD-4s. Fenton's reagents (FR) are known to produce a hydroxyl radical, which is one of the strongest oxidizing agents when ferrous iron is present as a catalyst. It is expected that a chemical and biological treatment process will be promising as a FW treatment. In this study we carried on the experimental degradation of 20 refractory photo-chemicals (metol, etc.) contained in FW to evaluate the effect of the first Fenton process on the biodegradability of chemicals in a second biological process. We also conducted the experimental degradation of the same chemicals using the reverse process, i, e., the biological process followed by the Fenton process. The Fenton oxidation tests showed that the chemicals were degraded by 30% to 50% in dissolved organic carbon (DOC) . The consequent biodegradation test (for 100 hours) resulted in a DOC removal rate of over 90%. On the other hand, the overall DOC removal was rated at about 60% for all chemicals except for EDTA when tested in the reverse processes. This suggested that the refractory chemicals must have been converted into biodegradable substances by FR.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 8(7), 342-347, 1997-11-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002841926
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4366620
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ