都市ごみ焼却残渣溶融スラグのバッチ実験における溶出機構 Leaching Mechanisms if Waste Molten Slag in Batch Type Experiments

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

都市ごみや, その焼却残渣の溶融処理で得られるスラグの有効利用を行う際には, スラグが環境に与える影響を事前に把握する必要がある。そこで, スラグの成分溶出機構を解明することを目的としてバッチ実験を行った。試料は, 自治体稼働施設の6試料を含む8種類のスラグを用いた。実験方法は, 溶媒を入れ替えないバッチ型を採用した。<BR>実験の結果から, (1) スラグには, 水素イオンが直接作用する酸溶出域と, 各成分の加水分解溶出によるアルカリ溶出域の二種類の溶出機構が存在し, 両機構は, 溶媒から供給される水素イオンの量によって明確に区分されることを定量的に示した。 (2) アルカリ溶出域において, SiO<SUB>2</SUB>飽和のとき, スラグ表面に形成されるSiO<SUB>2</SUB>残存層が他の成分の溶出を停止させるという推論を行った。 (3) 溶出液のpHが9~10以上のとき, Fe (II) , MnおよびMgイオンは沈殿平衡に達して炭酸塩または水酸化物沈殿を生成し, Fe (OH) <SUB>2</SUB>の沈殿生成と同時に, Pb, ZnおよびCuイオンが共沈する現象について考察した。

It is necessary to examine the influence of molten slag of waste (e.g., Municipal Solid Waste, and MSW Incinerator Ash) to the environment when utilized as recycled resources. In this paper, various leaching experiments for 8 kinds of waste molten slag, include 6 materials obtained from municipal facilities, were undertaken under batch type cgnditions without leachant exchange.<BR>Results indicated: (1) there are two leaching mechanisms, hydrogen ion acts directly on the slag surface (acid leaching zone), and each component leaches accoding to each hydrolysation characteristic (alkaline leaching zone) . The two zones can be divided clearly according to the quantity of hydrogen ion supplied from the leachant. (2) It is considered that under SiO<SUB>2</SUB> saturated conditions in the alkaline leaching zone, slag components stop leaching due to a SiO<SUB>2</SUB> film at the slag surface. (3) Under batch conditions, some elements (e. g., Fe, Mn and Mg) form carbonate salts/hydroxides when they reach solubility, and other trace elements, e. g., Pb, Zn and Cu may coprecipitate when Fe (OH) <SUB>2</SUB> precipitation forms.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 9(1), 11-19, 1998-01-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002841968
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4402653
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ