黒鉛発熱体誘導加熱方式による焼却灰溶融システムの開発 Development of an Induction Heating Solid Waste Ash Melting Furnace

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

埋め立て処分場の延命, 負荷低減さらには有害物の無害化に対する有効な手段として, 都市ごみ焼却灰の溶融固化が注目され, 現在種々の技術開発が行われている。本研究では, 黒鉛発熱体を炉内に積層することによって大きな溶融表面積を有することを特徴とする誘導加熱方式の溶融炉を提案し, 灰処理能力0.8ton/日の実験設備を用いて, 都市ごみ焼却灰の溶融特性を検討した。総溶融時間31時間では, 93.9%の高スラグ化率が得られた。黒鉛発熱体の追加投入により, 温度および出滓量が制御でき連続運転が可能になる。黒鉛発熱体の消耗低減には, 灰中の酸化鉄濃度を下げること, 灰溶融炉内の02分圧を下げかっ運転温度を灰溶流点に近づけることが有効である。発熱体消耗低減対策後, 黒鉛消耗量は灰1tonあたり8.9kgであった。スラグ固化体からの重金属類の溶出は埋立基準以下である。

It is necessary to reduce ash volume and suggest an effective ash treatment prior to disposing of waste in a landfill. Therefore, much attention has been recently paid to some melting processes for solid waste incineration ash (SWIA) . In this study, the electromagnetic induction type melting process for SWIA was studied. The purpose of this study was to research the characteristics of ash melting using a graphite heater in an electromagnetic induction field as the energy source. The advantages of the electromagnetic melting process are down-sizing and a decrease in electricity consumption per dry ash weight. Thermogravimetry analysis was used to estimate the reaction behavior between graphite heater/ash, and to investigate the cause of graphite heat consumption during the ash melting process. The results indicate that graphite heater exhaustion is caused by an increase in oxygen pressure in the melting furnace, and that graphite heater consumption is caused by iron oxide contained in the ash.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 9(1), 20-28, 1998-01-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002841989
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4402654
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ