善通寺市と広島市における排出源分別収集システムの比較と相異の要因に関する研究 A Comparison Study of the Sorted Collection System and the System Factor Differences between Zentsuuji and Hiroshima Cities

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

排出源分別収集を行っている善通寺市と広島市において調査・研究を行ったところ, 送出される資源化物送出原単位および資源分別率で善通寺市の方がより良いシステムであることがわかった。その要因として, 善通寺市には地区環境推進会や集積場毎の環境推進会といった市民の顔の見えるトップダウン・ボトムアップ型の意志伝達・協力システムの存在とその活動があり, これが集積場における効率的な分別収集のキーポイントになっていることが判明した。

Sorted waste collected from family homes was studied in Hiroshima and Zentsuuji Cities. The Zentsuuji City system was found to be better than that of Hiroshima City based on the amount of outgoing resourceable material and sorted rate of resourceable waste. The reason for this is that in Zentsuuji City there are associations for environmental promotion which create top-down and bottom-up type cooperation among citizens. The associations are the key factor in the effective sorted collection at collecting stations in Zentsuuji City.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 9(1), 39-42, 1998-01-31 

    廃棄物資源循環学会

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002842016
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4402656
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ