マニラ麻アルカリ蒸解廃液を培養基質とした Aspergillus terreus によるアルカリ性リグニング分解酵素の生産 Production of Alkaline Lignin-degrading Enzymes by Aspergillus terreus Cultured in Alkaline Cooking of Manila Hemp

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

マニラ麻アルカリ蒸解廃液の有効利用と, アルカリ側に作用域を持つリグニン分解酵素生産墓の単離を目的に, マニラ麻アルカリ蒸解廃液を培養基としてスクリーニングを行った。その結果, 本培地で生育する糸状菌 (<I>Aspergillus terreus</I>) を分離することができた。この菌は培養濾液中にリグニン分解酵素 (リグニンパーオキシダーゼ, マンガンパーオキシダーゼおよびフェノールオキシダーゼ) 活性を認めた。これらのリグニン分解酵素はいずれもアルカリ側に作用域を持っユニークな酵素であった。<BR>したがって現在主流となっているアルカリ条件下でのパルプ製造におけるパルプの漂白や蒸解廃液の処理に本菌を利用できるものと考えられる。

Cooking and bleaching conditions of chemical pulp are mainly high alkaline. We screened for microorganism producing alkaline lignin-degrading enzymes using the alkaline cooking of Manila hemp as a medium. One fungus screened was identified as <I>Aspergillus terreus</I>. This fungus secretes alkaline lignin-degrading enzymes (lignin peroxidase, manganese peroxidase, phenol oxidase) into the medium.<BR>This fungus and its enzymes may be useful for the treatments of alkaline black liquor or bleaching waste and biobleaching of pulp.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 9(3), 87-94, 1998-03-20 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002842065
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4436767
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ