都市ごみ焼却施設における排ガス中の一酸化炭素自動計測器の特性- Characteristics of Continuous CO Analyzers in Municipal Waste Incinerators

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 浦野 紘平 URANO Kohei
    • 横浜国立大学工学部物質工学科 Laboratory of Safety and Environmental Engineering, Faculty of Engineering, Yokohama National University

抄録

都市ごみ焼却施設の排ガスを対象に, 複光束型と単光束型の赤外線吸収方式の一酸化炭素自動計測器 (CO自動計測器) の特性を調べる実験を行った。<BR>15種類の共存ガスを加えた実験から, CO<SUB>2</SUB>とN<SUB>2</SUB>Oが複光束型のCO自動計測器の測定値に正の影響を与え, また, CO<SUB>2</SUB>が単光束型のCO自動計測器の測定値に負の影響を与えることがわかった。このため, CO濃度範囲が約10~50ppmの都市ごみ焼却施設の排ガス測定において, 複光束型と単光束型のCO自動計測器の測定値には約4ppmの差が認められた。したがって, 排ガス中の低濃度のCOを正確に連続測定するには, 使用するCO自動計測器に与えるCO<SUB>2</SUB>, N<SUB>2</SUB>O等の共存ガスの影響をあらかじめ把握し, 測定値に補正を加える必要がある。

Interference of 15 coexistent gases on the continuous CO analyzers with infrared absorption for the flue gas were investigated, and the measured values by the different types CO analyzers were compared at a municipal waste incinerator.<BR>CO<SUB>2</SUB>and N<SUB>2</SUB>O interfered with the CO analyzers. Then, there was a difference of about 4 ppm between the measured values from the double beam IR CO analyzer and those from the single beam IR CO analyzer. In order to precisely measure low CO concentrations, it is necessary to correct the measured values from the CO analyzers by taking their characteristics and mean concentrations of CO<SUB>2</SUB>and N<SUB>2</SUB>O concentrations in the flue gas.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 9(3), 104-107, 1998-03-20 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002842085
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4436769
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ