焼却廃棄物中の窒素化合物による遺伝毒性 Genotoxicity Related to Nitorated Compounds in Incineration Ash

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

廃棄物の燃焼に伴い発生すると考えられる物質群の中でも, 蛋白質や石油などの燃焼に伴い発生するとされているアミノアレーン, ニトロアレーンに着目し, その遺伝毒性を評価しようとした。対象として, 都市下水処理場の汚泥焼却工程の洗煙排水, そして廃棄物焼却場の飛灰, 底灰の抽出物, 処分場浸出水を調べた。<BR>試験方法は化学物質のDNA損傷の誤りがちの修復を検出する<I>umu</I>-testでアミノアレーン, ニトロアレーンに高感度検出系を適用した。その結果, いずれの処理工程においてもこれら物質群による遺伝毒性が認められた。これらを抽出物質量あたりの遺伝毒性値で比較すると, アミノアレーンは一般廃棄物焼却場の飛灰に, またニトロアレーンは都市下水処理場の多段炉洗煙排水と処分場浸出水原液に高く検出された。このように廃棄物の燃焼工程において, 遺伝毒性物質としてアミノ, ニトロの誘導体のモニタリングの必要性を示唆した。

Genotoxicity related to aminoarenes and nitroarenes was evaluated with matters produced during incineration, which would be induced by charred proteins and/or petroleum. We investigated the genotoxicity on discharge water from sludge incineration stokers in a sewage treatment plant using the activated sludge treatment method, fly ash and bottom ash of incineration plants of domestic waste and leachate by using the <I>umu</I>-test which can detect with high sensitivity genotoxicity with aminoarenes and nitroarenes.<BR>Strong genotoxicity could be detected in the fly ash related to aminoarenes and the step grate stoker furnace incinerating sludge and leachate. These facts show that the incineration processes can induce those materials, amino and/or nitroarenes with genotoxicity.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 9(4), 115-122, 1998-05-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002842092
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4541065
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ