都市ごみ焼却における PCDDs/DFs のマテリアルフローに関する研究 Materal Flow Analysis of PCDDs/DFs in a Municipal Solid Waste Incineration System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

都市ごみ焼却におけるPCDDs/DFsのマテリアルフローを把握することを目的とし, 京都市の都市ごみ焼却施設についてPCDDs/DFsの流入量と排出総量 (排ガス, 飛灰, 主灰から排出される量の合計) を測定・推測した結果, 流入量が1.4~50μgTEQ/ごみton, 排出総量が160μgTEQ/ごみtonとなり, 排出総量が流入量を大きく上回っていること, 特に飛灰形態での排出が多いことがわかった。また, 削減シナリオを設定し, 排出総量を試算したところ, ガイドラインで定められている目標値レベルまで削減を行った場合には排出総量が新設炉で3.65μgTEQ/ごみton, 既設炉で34μgTEQ/ごみtonまで削減できることが確認された。さらに, 溶融固化処理・加熱脱塩素化処理といった灰の高度処理を付加した場合の削減効果を試算したところ, 0.85~4.6μgTEQ/ごみton程度まで排出総量を削減できることが確認された。

A large quantity of PCDDs/DFs is discharged from municipal solid waste incinerators in Japan. In this study, a material flow of PCDDs/DFs was analyzed in a municipal solid waste incineration system. As a result, the total amount of PCDDs/DFs released, which contained PCDDs/DFs not only from emission gas but also from residues, was 160 μg TEQ/waste-ton and exceeded the amount of PCDDs/DFs input into the system (1.4-50 μg TEQ/waste-ton), and more than 90 percent of PCDDs/ DFs released was contained in fly ash. As a consequence of the scenario analysis, in the case of controlling incinerators with high technologies, the total amount of PCDDs/DFs released was ex-pected to be 3.65-34μg TEQ/waste-ton, which was nearly equal to or below the amount of PCDDs/ DFs input. In the case of melting or heating dechlorination of fly ash in addition, the total amount of PCDDs/DFs released was expected to be reduced to 0.85-4.6 μg TEQ/waste-ton.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 9(4), 123-132, 1998-05-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  6件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002842102
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4541066
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ