農業用ポリ塩化ビニルフルムの高温水溶液処理における分解挙動と生成する炭素質の特性 The Behavior of Degration and Characteristics of Produced Char in Agricultural PVC Films in Aqueous Solutions at Elevated Temperartures

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ポリ塩化ビニル (以下PVCと略) 64.5%, フタル酸ジオクチル (以下DOPと略) 32.2%, ステアリン酸カルシウム-亜鉛安定剤と界面活性剤からなる農業用ポリ塩化ビニルフィルム (以下農ビフィルムと略) をNaOH濃度0~7M, 150~250℃, 0~12時間処理し, その分解挙動と生成する炭素質の特性を調べた。<BR>農ビフィルムの分解による重量減少率は時間の経過と温度の上昇に伴い増加した。3MNaOH, 225℃以上では, 昇温過程で重量減少率は31%に達し, この値はDOPの含有率にほぼ一致した。また, この条件でDOPはアルカリによりフタル酸とイソオクタノールに定量的に加水分解した。この水熱処理では, まず, DOPの加水分解・抽出によって10~12μmの細孔が生成し, さらに併発的に進む脱塩化水素によって, より小さい細孔の生成と, 農ビフィルムの収縮が進み, 時間が長いほど細孔径は小さくなった。12時間で, 細孔径は1~8μm程度であった。

Agricultural PVC film containing PVC 64.5%, DOP (dioctylphthalate) 32% as a plasticizer, Ca-Zn stearates and surface active agent was treated in 0-7 M NaOH solutions at 150-250°C for 0-12h, in order to study the behavior of degradation and characteristics of produced char.<BR>The degree of weight loss due to the decomposition reached 31% for the reaction in 3 M NaOH over 225°C for Oh, which corresponded to the loss of all the plasticizer contained in the agricultural PVC film. Under the same conditions, DOP was hydrolyzed quantitatively to phthalic acid and isooctyl alcohol by the alkali catalyst. In the hydrothermal reaction, the pores in size 10-12, em were produced in the film by the hydrolysis of DOP, besides the succeeding parallel dehydrochlorination of PVC produced smaller pores and brought about the shrinkage of film. The pore size became smaller, about 1-8μm for 12h, along with time.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 9(4), 141-148, 1998-05-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002842140
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4541068
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ