石炭灰の蒸気処理による固化体の安定性に関する研究 Studies on Stabilization of The Solidified Coal Ash by Steam Treatment

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

石炭灰はセメント原料やセメント混和材などに約65%利用されているが, 品質に変動があること, 微粉であること, Cr<SUP>6+</SUP>やPbなどの溶出が土壌環境基準を越えることがあるなどにより, 未処理では利用率向上に限界がある。石炭灰のポゾラン反応性を活用し, 水にて混練後, 常圧の飽和水蒸気雰囲気下で処理を行って固化させ, 破砕することにより, 40mm以下の粒状の固化体を製造した。それにて路盤材などの土木資材としての大量利用技術を具体化するために, 環境に対する安定性, 品質における安定性に関する研究を行った。蒸気処理で固化させることにより, エトリンガイトなどの水和物が生成し, 路盤部環境では長期に渡って, 有害物の溶出量が土壌環境基準を満足することを確認した。さらに, 固化体の強度が経時的に向上し, 代表的な路盤材である粒度調整砕石と同等以上の品質を長期に渡って保持することを確認した。

About 65% of coal ash is used as raw material for cement, cement mixture material and so on. However, there is a limit in the improvement of availability without processing in coal ash because there are changes in the quality, coal ash is a fine powder, and the leaching of toxic heavy metals exceeds a standard values for utilization. There, the lime-pozzolana reaction characteristic of coal ash was used, coal ash was kneaded with water, and the mixture was processed under saturation steam atmosphere at about 60°C, eventually turning into a hardend solid. The hardend solid was crushed and was adjusted in grains of 40 mm or less in size. To materialize a large amount of utilization technique as civil materials such as a road base material and so on by granular hardend solid, it was carried out research concerning safety to the environment and stability in quality. It was confirmed that the leaching quantity of toxic heavy metals satisfied the standard value for utilization, and strength of the granular hardend solid improved with the passage of time, for a long term under road base environmental conditions. Furthermore, it was confirmed by actual long term road tests that the granular hardend solid maintained the quality more than the equal to crushed stone to be a representative road base material.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 9(4), 157-163, 1998-05-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002842174
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4541070
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ