都市ごみ焼却に伴う大気環境への水銀の排出量と排出削減量 Emitted and Reduced Amounts of Mercury from Municipal Waste Incinerators to Air

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 浦野 紘平 URANO Kohei
    • 横浜国立大学工学部物質工学科 Laboratory of Safety and Environmental Engineering, Faculty of Engineering, Yokohama National University

抄録

都市ごみ焼却施設において, 乾電池の水銀含有量の低減化と塩化水素 (HCl) と二酸化硫黄 (SO<SUB>2</SUB>) の処理技術等が水銀の排出におよぼす影響を明らかにし, 東京23区および日本全国における都市ごみ焼却施設から排ガスとして大気中に排出される水銀量等を考察した。<BR>HClとSO<SUB>2</SUB>の処理技術として電気集じん装置 (EP) と組み合わせた粉体噴射法を採用している都市ごみ焼却施設において, 乾電池の水銀含有量の低減化によって, 水銀排出濃度が約0.25mg/m<SUP>3</SUP>Nから約0.08mg/m<SUP>3</SUP>Nへ低下したこと, 高い水銀排出濃度の出現回数が激減したことが確認された。<BR>HClとSO<SUB>2</SUB>の処理技術によって水銀が除去され, その除去率はEPと組み合わせた粉体噴射法では約35%, 湿式法では約65%, キレート剤を吸収液に添加した湿式法では約90%, フィルタ法では約75%であった。<BR>東京23区では, 1986年から1996年の間に焼却ごみ量は約1.27倍に増加したが, 乾電池の水銀含有量の低減化と排ガス処理技術の採用によって, 水銀の排出量は約1/6に減少した。また, 1992年の日本全国における都市ごみ焼却に伴う大気環境への水銀の排出量は約17t/yと推算され, 排ガス処理技術による水銀の排出削減量は約9t/yと推算された。

The reduction effect on mercury emission by the decrease of mercury content of dry batteries and the removal methods of HCl and SO<SUB>2</SUB> were investigated at municipal incinerators. Changes of the removed amounts of mercury were estimated in the ward areas of Tokyo from 1986 to 1996 and all over Japan in 1992.<BR>By comparing concentrations of mercury in flue gas from a municipal incinerator in 1986 and 1993 which had adopted the powder CaCO<SUB>3</SUB> injection method and the electrostatic precipitator (EP), we found that the mean concentration of mercury had gone down from 0.25 mg/m<SUP>3</SUP>N to 0.08 mg/m<SUP>3</SUP>N and the appearance frequency of high concentration peak of mercury had decreased remarkably.<BR>Mercury was removed by the treatment methods of HCl and SO<SUB>2</SUB>. The mercury removal efficiencies for the CaCO<SUB>3</SUB> powder injection method, the wet scrubber method, the wet scrubber method added to a chelate compound which was adopted with EP, and the filter method were estimated to be 35, 65, 90, and 75 %, respectively.<BR>In the ward areas of Tokyo, the emitted amount of mercury in 1996 decreased to about one sixth of that in 1986 because of the decrease of mercury content of dry batteries and the adoption of removal methods of HCl and SO<SUB>2</SUB>, though the incinerated amount of waste increased by 1.27 times.<BR>In overall Japan, the emitted amount of mercury was estimated to be 17 t/y and the removed amount of mercury by the flue gas treatment was estimated to be 9 t/y, in 1992.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 9(5), 181-187, 1998-07-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  36件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002842194
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4541082
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ