粉破したセメント固化体からの重金属の溶解に関する研究 Dissolution of Heavy Metals from Ground Materials Solidified with Portland Cement

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

最終処分場の環境下でセメント固化体からの重金属の溶解を明らかにするために, 塩化カドミウムと塩化鉛を含むセメント固化体 (粒径0.5~1mm) について, 蒸留水あるいは酢酸を用いて反復溶出試験を行った。また, 溶出試験の途中で固化体を空気あるいは炭酸ガス (炭酸ガス/空気=1) に暴露させた。その結果, カドミウムの溶解挙動は水酸化物沈殿平衡, 炭酸塩沈殿平衡によって定量的に説明できた。低pH水と接触した場合, カドミウムは全量溶解した。炭酸ガス濃度が高くpHが中性程度であれば溶解濃度は低かった。鉛の溶解挙動は水酸化物沈殿平衡, 炭酸塩沈殿平衡によって説明できなかった。低pH水と接触した場合, 鉛は長期間にわたって1mg/L以上の濃度で溶解した。高炭酸ガスと接触した場合, 鉛は炭酸塩を生成し, 不溶化することがわかった。ただし, この場合も, 低pH水と接触すると, 鉛は長期間にわたって溶解した。この結果から, 重金属溶出防止のためには, 埋立物の上層にセメント固化体を埋め立てることが有効であると考える。

To clarify the dissolution of heavy metals from cement solidified waste under landfill layer conditions, we conducted the serial batch extraction from ground materials that were solidified with Portland cement and included cadmium and lead chloride. Distilled water or acetic acid was used as extraction solvent. The ground materials were intermittently exposed to air or 50% of CO<SUB>2</SUB> between the extraction.<BR>The dissolution of cadmium followed the hydroxide/carbonate solubility equilibrium, although the dissolution of lead did not. When the ground materials were put in contact with a low pH solution, cadmium dissolved rapidly and wholly, and lead for a long period. When the ground materials were exposed to CO<SUB>2</SUB>, both of the metals formed carbonates; cadmium dissolved for a long period, and lead scarcely at all. These results showed that the landfilling of cement solidified wastes over incineration residues and incombustible wastes was effective to avoid heavy metal leaching.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 9(5), 188-197, 1998-07-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002842231
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4541083
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ