テトラクロロエチレン汚染土壌の生物処理実験 Biological Treatability Studies of tetrachloroethylene-Contaminated Soil

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

土壌中のテトラクロロエチレン (PCE) の嫌気的脱塩素化処理を目的として, 汚染土壌を詰めたカラムを用いて実験した。脱塩素化菌群の集積培養液を植種源として, また豆腐製造廃液を電子供与体として用い, 29ヵ月間, 汚染土壌を浸漬したところ, 土壌中のPCEの約35%および間隙水中の88%以上がジクロロエチレン (DCE) まで脱塩素された。しかし, エチレンまでの完全脱塩素化は進行しなかった。一方, 汚染土壌の上部に電子供与体となるウッドチップを詰めて, 下部から溶出液を採取する半連続カラム実験を行ったところ, 25日後の溶出液中には, DCEだけが検出された。それとともに, DCEの溶出量が増加し, 計算では, 汚染土壌中のPCEの完全溶出年数は11.7年から4.5年に減少した。このカラム実験でも, 完全脱塩素化は困難であったことから, カラム溶出液中のDCEの好気的分解を検討した。その結果, トルエンまたはフェノールを添加した場合にDCEの分解が認められた。また, 遺伝子組換え菌の静止菌体の利用が特に有効であった。

The reductive dechlorination of tetrachloroethylene (PCE) was studied using glass columns packed with PCE-contaminated soil, to which enriched anaerobic dechlorinating bacteria were added together with wastewater from bean curd to act as electron donors. In batch experiments, ca. 35% of PCE in the soil and more than 88% of PCE in the void water were transformed to <I>cis</I>-1, 2-dichloro-ethylene (DCE) after 29 months. No complete dechlorination from PCE to ethylene was observed under these conditions. On the other hand, in semi-continuous column experiments using wood chips as electron donors, complete elimination of PCE from the soil was estimated to be achieved after 66 months. DCE was detected in all column effluent, which was further degraded by adding toluene and phenol as substrates for aerobic bacteria. Moreover, a genetically modified <I>Pseudomonas</I> strain was very effective to degrade the DCE derived from PCE.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 9(5), 198-207, 1998-07-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002842250
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4541084
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ