最終処分場におけるカルシウムスケール生成の予測 The Formation of Calcium Scales in Waste Landfill Sites

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

最終処分場におけるカルシウムスケール対策は, 従来の埋立工法や浸出水処理技術では対応できず, 障害発生後, 対策が行われているのが現状である。スケール生成後に対策を考えるのではなく, 現在の浸出水の水質からスケール生成の可能性を予測することは処理施設の管理上重要と考えられる。そこで一般廃棄物最終処分場においてスケール生成の確認と浸出水の水質調査を行い, 炭酸カルシウムの生成に関する指標および影響因子をスケール生成の実態と比較し評価した。カルシウムスケールの生成には, カルシウム濃度, アルカリ度, 水温, イオン総量が関与しているが, 浸出水では, 水温とイオン総量の影響は小さく, カルシウム濃度とアルカリ度の寄与が大きいことがわかった。また, 飽和指数および安定度指数をスケール生成の実態と比較したところ, 飽和指数ではスケールが生成していない処分場をスケールが生成しやすいと過大評価し, 安定度指数では生成している処分場をスケール生成が起きないと過小評価していた。15施設の浸出水水質とスケールの生成状況を評価した結果, スケール生成の評価基準として, 炭酸カルシウム飽和pH (pHs) 7以下で, カルシウム濃度が100mg/1以上, アルカリ度が100mg/1以上という条件が妥当であることがわかった。

The formation of calcium scales have been found in leachate treatment facilities at landfill sites. This problem has a result of the landfilling of incineration ash which contained a large amount of soluble salts. 15 municipal landfill sites were investigated with regard to scale formation and chemical analysis of leacheates. Contributing factors such as calcium concentration, alkalinity, water temperature and ion strength, in particular the former two contributed to calcium scale formation in landfill leachates and the saturation pH (pHs) levels calculated were important. In using two convention indices of scale formation namely the Langelier Saturation Index and the Ryzner'Stability Index both were unsufficient in explaining real scale formation, the former overestimating the amounts and the latter underestimating the amounts. It is considered that if a leacheate is in a condition with pHs<7, calcium concentration>100 mg/1 and alkalinity>100 mg/1, these levels are liable to form calcium scales. Calcite as the main mineral and aragonite were found in real scale, while geochemical calculations showed the possible precipitation of calcite and dolomite, and the possible existence of aragonite, magnesite and huntite in oversaturated solution.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 9(5), 215-223, 1998-07-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002842296
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4541086
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ