資源ごみの分別収集に伴うごみ処理システムの変化予測に関する研究 The Effects of Separate Collections of Resource Waste on the Reduction of Solid Waste

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 羽染 久 HASOME Hisashi
    • (財)日本環境衛生センター 環境工学部調査課 Div. of Research & Assesment, Dep. of Envirommental Engineering, Japan Environmental Sanitation Center.
    • 仁田 義孝 NITTA Yoshitaka
    • 静岡県立大学大学院 生活健康科学研究科 Graduate School of Nutrition and Environmental Science University of Shizuoka.
    • 横田 勇 YOKOTA Isamu
    • 静岡県立大学大学院 生活健康科学研究科 Graduate School of Nutrition and Environmental Science University of Shizuoka.

抄録

「容器包装リサイクル法」は, ごみ問題を解決する画期的な手段として期待される一方, 市町村にとっては大きな経済負担等を伴うものとなっている。本論文では, 資源ごみの分別収集による効果および課題について定量化を試みた。その結果, 資源化率の向上, 要処理量の減少, 含有重金属量の減少等が期待される反面, 発熱量の減少, 大幅な経費負担の増加等が懸念される。

"The Law for Promotion of Sorting and Recycling of Containers and Packaging"is expected to be the most effective solution for the solid waste problem. But, it brings with it a large financial burden for local governments. In this paper, the authors try to make quantitative evaluation of the effects of separate collection of resource waste on the reduction of solid waste.<BR>The increase of resource collection rates and decrease of intermediate treatment amounts are expected as a result of the introduction of separate collection of resource waste.<BR>On the other hand, we have some fear that the decrease of calorific value and increase of financial burdens may occur.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 9(6), 231-239, 1998-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002842321
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4586742
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ