粉体ごみ燃料の熱分解・燃焼ガス特性 Characteristics of Pyrolytic and Burnt Gas for Pulverized Refuse-Derived Fuel

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

地球の環境保全や資源保護の観点より, 家庭, 工場等から排出される一般ごみや産業廃棄物の再利用が推進されている。その一つに一般ごみから燃料化されたRDFを微粉砕し, 粉体バーナで炉内噴射して燃焼させようとする試みがある。本研究では, バーナ開発に有用な知見を得るために, 粉体RDFの熱分解, 燃焼過程で生成されるガスの基礎的な特性を調べるための実験装置を設計製作した。各過程でのガスを分析し, 生成されるガス成分や生成量の傾向についての基礎データを得た。気流ガスの温度が高い場合, 熱分解が活発で, 酸素濃度が高いほど燃焼反応が活発になる。炭化水素系熱分解ガスではCH<SUB>4</SUB>が最も多く, 熱分解時には燃料中に多く含有される酸素分がCO, NOなどの化合物の形で発生する。比較的低温の気流中でもこれらのガスが計測されることから粉体RDFは揮発性が良いが, 熱分解時にNOxも生成されやすく, 燃料の実用化にあたっての課題になる。

This study is an attempt to burn Pulverized Refuse-Derived Fuel (P-RDF) prepared from municipal solid waste (MSW) for recycling of waste resources. New experimental apparatus and method were established in order to obtain fundamental data of P-RDF combustion in a furnace. A small amount of P-RDF in the fuel holder were heated up by high temperature flow gas under a variety of O<SUB>2</SUB>concentrations. The pyrolytic and burnt gases were extracted by a water-cooled sampling probe, and then these compositions were analyzed by a FT-IR gas analyzer. The effects of temperature and O<SUB>2</SUB>concentration on the composition in flue gas were investigated in order to elucidate pyrolytic or combustion mechanisms of P-RDF. Results showed that the pyrolytic and burnt gases include components such as nitrogen oxide, carbon monoxide, carbon dioxide, methane, ethylene, ethane and propylene, and the main component of the pyrolytic hydrocarbonic gas is methane. The concentrations of the pyrolytic and burnt gases mentioned above were raised with an increase in temperature and O<SUB>2</SUB>concentration in flow gas. In particular, fuel NO was observed even in the low temperature of 400°C in N<SUB>2</SUB>gas flow.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 9(7), 302-309, 1998-11-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002842427
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4623918
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ