廃棄物埋立地における硫酸塩還元およびメタン生成経路によるセルロースの分解特性 : 回分実験 Biodegration of Avicel-cellilose under Sulfidogenic and Methanogenic Conditions in the Municipal Solid Waste Landfill : Batch Experiments

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 金 錫九 KIM Seog ku
    • 京都大学工学部附属環境質制御研究センター Research Center for Environmental Quality Control, Kyoto University
    • 松井 三郎 MATSUI Saburo
    • 京都大学工学部附属環境質制御研究センター Research Center for Environmental Quality Control, Kyoto University

抄録

難分解性廃棄物の分解特性を究明するため, 廃棄物埋立地を模した硫酸塩還元およびメタン生成の埋立模型反応槽を用いて難分解性廃棄物の分解実験を700日間行った。その結果, 硫酸塩還元菌を中心とする微生物によるメタンおよび二酸化炭素の発生抑制率, リグノセルロースの分解特性や傾向等に関する結果を得たが, セルロースの分解効率等に関する定量的な実験データを充分に得ることはできなかった。<BR>そこで, 本稿では連続運転してきた複合型メタン発酵槽と飽和型硫酸塩還元槽の浸出水を植種として用いたバイアル回分実験を行って, 硫酸塩還元およびメタン生成経路によるセルロースの分解特性を量的に考察した結果を報告する。<BR>バイアル回分実験の結果, メタン生成菌を中心とする反応より硫酸塩還元菌を中心とする反応によってセルロース分解率が高いことがわかった。飽和型硫酸塩還元槽の浸出水 (硫酸塩還元反応を中心とする反応) を用いた回分実験において, 硫酸塩還元反応は酢酸を蓄積する反応であった。特に飽和型硫酸塩還元槽の浸出水を用いたバイアル回分実験においては, 硫酸塩還元反応が電子伝達の86%以上を占め, メタン発生抑制が効果的に行っていることがわかった。したがって, 硫酸塩還元経路がセルロースの嫌気性分解過程に関与していることが明らかになった。

In our previous experiments four simulated landfill column reactors were operated for 700 days under sulfidogenic and methanogenic conditions to study the methane gas emission trends during the degradation of model solid waste. Results from the simulated landfill column reactors provided only a general trend and nature of degradation of the model solid waste loaded in the reactors. Explicit results regarding the efficiency of the different rectors to degrade the model solid waste could not be inferred. Thus to understand the degradation of cellulose (a major component of model solid waste) under sulfidogenic and methanogenic conditions vial batch experiments were carried out and the results are presented. The leachate from either reactor R1 (partially saturated methanogenic reactor) or reactor R3 (fully saturated sulfidogenic reactor) was used to inoculate the vials.<BR>According to the results of vial batch experiments, the degradation of cellulose was faster under sulfidogenic condition than methanogenic conditions. Acetate accumulated during the sulfate reduction of cellulose under sulfidogenic conditions. The electron flow under sulfidogenic conditions was dominated by sulfate reducing bacteria. Finally, methane gas was effectively suppressed under sulfidogenic conditions.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 9(7), 310-317, 1998-11-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002842445
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4623919
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ