ごみマップによる廃棄物の管理システム手法に関する研究 The Mapping Method of Solid Waste Management Towords the Minimization of Municipal Solid Waste Generation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は廃棄物の排出抑制や資源化を図るため, 不燃性収集ごみの排出量や集団回収による資源化量を小学校の校区毎にマップ化し, 廃棄物と資源化物の排出特性や地域特性を明らかにしたものである。本研究成果を要約すると以下の通りである。 (1) 不燃性収集ごみの排出量は商業地区やレジャー地域が多く住居地域が少なかった。 (2) 資源化量は住居地域が多く商業地域で少なかった。 (3) 一般家庭の日常生活から排出される不燃性収集ごみ量の20~30%が集団回収によって資源化されていた。 (4) モデル校区をパッカー車単位で細分化した結果, 近隣商店街からのごみ排出量は住居地区の1.7倍あった。 (5) 昼間人口と夜間人口の格差のある校区は, 事業系一般廃棄物が収集ごみ中へ混入する量が多かった。以上, ごみ排出マップや資源化マップから, ごみ増加の主な要因は昼間人口の多い商業地区や近隣商店街からの排出であった。また, 資源回収がごみの排出抑制に寄与していることも明らかとなった。

The local authorities are worried about the increase in waste generation. Therefore, our work was geared up towords a guideline for getting waste reduction and the promotion of waste recycling in all areas. At first, we surveyed the waste generation rate per capita and the resource recovery rate per capita in all elementary school districts, and mapped out the data. The characteristics of waste generation in all areas as clarified through our survey are summarized as follows:<BR>The generation rates of incombustible wastes in residential districts, commercial areas and resort areas were high.<BR>The resource recovery rates in the residential districts were high and the generation rates of incombustible waste were low. The highest resource recovery rate accounted for 30% of the incombustible waste generation rate. The generation rates of incombustible waste in the commercial district was 1.7 times higher than that in the residential district.<BR>From the above mentioned results, it can be suggested that the minimization of incombustible waste generation can be achieved by the promotion of resource recovery, while the increase of it is caused by the contamination of domestic incombustible waste by commercial waste.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 10(1), 16-24, 1999-01-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002842525
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4664218
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ