廃プラスチック油化のフィージビリティスタディ -四国北部地域を対象として- Feasibility Study on Liquefaction of Plastic Wastes -An Application for Northern Shikoku-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 藤原 健史 FUJIWARA Takeshi
    • 京都大学大学院工学研究科環境工学専攻 Department of Environmental Engineering Graduate School of Kyoto University
    • 武田 信生 TAKEDA Nobuo
    • 京都大学大学院工学研究科環境工学専攻 Department of Environmental Engineering Graduate School of Kyoto University

抄録

容器包装リサイクル法の中で「PETボトル以外のプラスチック製容器」の再商品化方法として油化が期待されているが, 本論文では油化が広域におけるプラスチック処理法として有効かどうかを, エネルギー消費・環境負荷・コストの面から評価する方法を提案した。対象地域を四国北部地区とし, プラスチックの収集率ならびに前処理施設・油化処理施設の設置場所を変えた6つのケースで, シミュレーションを行った。その結果, 1) 油化に投入したエネルギーの約4倍のエネルギーが生産できること, 2) エネルギー, 環境負荷 (CO<SUB>2</SUB>, NOx, 最終処分量) そしてコストの中で輸送の占める割合は小さく, 施設の占める割合が大きいこと, 3) そのため施設を大型化した方がエネルギーやコストの点で効率が高いこと, などが明らかになった。

In the law for"Promotion of Sorted Collection and Recycling of Containers and Packaging", liquefaction is outlined as one of the resource recovery methods for 'plastic containers with the exception of PET bottles'. In this study, an evaluation method is proposed for the liquefaction of plastic wastes over a wide area involving several local governments from the stand points of energy consumption, environmental impacts, and running costs.<BR>The northern part of Shikoku has been selected and six simulated cases with variable plastic collection ratio, locations of pretreatment and liquefaction plants were calculated. The following results were concluded: 1) approximately four times of the energy which is invested in liquefaction is yielded, 2) environmental impacts of energy consumption (CO<SUB>2</SUB>, NOx and consumption of landfill space) and'transportation costs'are considerably lower than those for'facilities', 3) due to scale merits the larger plant is able to save more on energy consumption and costs than the smaller plant.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 10(1), 25-34, 1999-01-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002842531
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4664227
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ