静電分離による紙類とプラスチックスの回収技術の開発 Developments in Separation/Recovery Technology for Papers and Plastics by Electrostatic Separation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

紙類とプラスチックスの混合廃棄物から, これらを相互に分離回収する方法を開発した。本方法は, 紙類に導電性を付与する吸湿処理工程と, 導電性を帯びた紙類と, 絶縁性を保持したプラスチックスとを分離する静電分離工程から構成される。モデル廃棄物による分離実験の結果, 高い回収率, 含有率 (ともに90wt%以上) で, 紙類を回収することができた。

We have developed a separation/recovery method for papers and plastics from the mixture waste of them. This method consists of a moisturizing process that endows papers with conductivity, and an electrostatic separation process which separates the conductive papers from non-conductive plastics. In using this method, we were able to recover paper from a model waste : both paper recovery and content were more than 90 wt%.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 10(1), 45-48, 1999-01-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002842560
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4664241
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ