下水汚泥溶融スラグの高流動コンクリートへの適用 Application of Sewage Melting Slag to Self-Compacting Concrete

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

下水道整備事業の進展により, 下水汚泥は今後益々増加するものと予想される。下水汚泥は産業廃棄物として主に埋立処分されているが, 埋立地の確保が困難なことから, 焼却または溶融処理による減量化と同時にそれら溶融スラグの有効利用が模索されている。本研究は下水汚泥の建設資材への有効利用を目的に, バイブレータによる締固めを行わなくとも自ら充填するコンクリート (高流動コンクリート) への適用性をフレッシュおよび硬化性状について検討した。その結果, 微粉砕した下水汚泥溶融スラグは, 高流動コンクリート用混和材としてフレッシュ性状を満足できること, 硬化後においても, 通常の高流動コンクリートとほぼ同程度の性質を有することなどが明らかになった。

It is expected that sewage sludge will continue to increase in the future as a result of the development of sewer construction activities. At present sludge is treated as industrial waste and buried, but the availability of disposal locations is becoming more limited every year. Sewage sludge is increasingly burnt or melted to reduce its volume, thereby forming a sewage sludge melting slag.<BR>The purpose of this study was the investigation of application of the sewage sludge melting slag to self-compacting concrete. An experiment involving the fresh and hardening properties was carried out, the results of which clearly revealed that the sewage sludge melting slag powder was a useful admixture for self-compacting concrete, and that the harding concrete characteristic is almost the same as for normal self-compacting concrete.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 10(2), 77-86, 1999-03-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002842605
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4697292
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ