埋立地浸出水処理におけるダイオキシン類の分解に関する研究 Decomposition of Dioxins in a Landfill Leachate by Advanced Oxidation Processes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 中川 創太 NAKAGAWA Sota
    • (株)荏原総合研究所 水機能研究室 Water Science Lab., Center for Advanced Technology, EBARA Research Co., LTD
    • 田中 俊博 TANAKA Toshihiro
    • (株)荏原製作所 環境開発センター 応用技術部 Environmental R & D Dept., Environmental Technology Development Center, EBARA Corporation
    • 葛 甬生 KATSU Yousei
    • (株)荏原製作所 環境開発センター 応用技術部 Environmental R & D Dept., Environmental Technology Development Center, EBARA Corporation

抄録

最終埋立処分場浸出水中のダイオキシン類を分解することを目的とし, AOP法 (Advanced Oxidation Process) の一種であるO<SUB>3</SUB>/H<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>処理およびUV/O<SUB>3</SUB>/H<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>処理実験を行い, 処理特性の比較を行った。総ダイオキシン類量の処理結果は, 原水が6, 500 [pg/1] に対してO<SUB>3</SUB>/H<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>処理水が3, 500 [pg/1] , UV/O<SUB>3</SUB>/H<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>処理水が1, 900 [pg/1] であり, ダイオキシン類はこれらによって分解可能であることが明らかとなった。また, 両処理法における各ダイオキシン類同族体の除去量を比較したところ, 低塩素化物の分解性能はほぼ同等であったが, 高塩素化物の分解性能はUV/O<SUB>3</SUB>/H<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>処理の方が高いことが認められた。原水のTEQの内訳は四~六塩素化物の合計で全体の91%であり, 高塩素化物由来のTEQは僅かであったことより, 総ダイオキシン類量の処理には高塩素化物の分解性能がより高いUV/O<SUB>3</SUB>/H<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>処理がより適しているが, 実際の毒性の高さを示すTEQの処理においてはO<SUB>3</SUB>/H<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>処理でも可能と推察された。

Two types of advanced oxidation processes, O<SUB>3</SUB>/H<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>and UV/O<SUB>3</SUB>/H<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>processes, were tested to evaluate their performances of decomposing dioxins contained in a landfill leachate. In this experiment, the concentration of total dioxins reduced from 6, 500 pg/l of the raw water to 3, 500 pg/1 and 1, 900 pg/l of the treated waters by the O<SUB>3</SUB>/H<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>and UV/O<SUB>3</SUB>/H<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>processes, respectively. Comparing the decomposition data profiles of each dioxin homologue, both methods showed nearly the same performance for low-chlorinated compounds. But for high-chlorinated compounds, the UV/O<SUB>3</SUB>/H<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>process showed a better decomposition performance than the O<SUB>3</SUB>/H<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>process. Ninety one percent of total TEQ of the raw water was composed of tetra, penta and hexa-chlorinated compounds and the TEQ deriving from high-chlorinated compounds was small. From our data, the UV/O<SUB>3</SUB>/H<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>process was more useful for the removal of total dioxins, but the O<SUB>3</SUB>/H<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>process was showed to be useful for reducing TEQ which expresses the actual toxicity of dioxins.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 10(2), 107-110, 1999-03-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002842648
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4697322
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ