焼却排ガスの熱力学平衡論による考察 -金属塩化物からの塩素ガスの発生- Thermodynamic Study of Exhaust Gas from Waste Combustors Chlorine Gas Emission from Certain Chlorides

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 北野 誠 KITANO Makoto
    • 東京大学先端学際工学専攻 The University of Tokyo, Research Center for Advanced Science and Technology

抄録

NaCl, KCl, CuCl, NiCl<SUB>2</SUB>, ZnCl<SUB>2</SUB>, FeCl<SUB>2</SUB>を用いて熱力学平衡関係から発生する塩素ガス濃度を検討した。検討温度範囲は二次燃焼炉から始まる排ガス処理過程の温度低下領域をカバーする500-1, 100Kを検討対象とした。その結果, NaClとKClを起源とする平衡塩素濃度は小さく無視でき, CuClは温度低下に伴って分解の結果発生する塩素ガス濃度が増加するという点でその他の金属塩化物とは際立った違いを見せた。すなわち, 他の金属塩化物は温度低下にしたがい塩素ガス濃度も低下し, 500Kでは数から100ppm程度まで減少するが, CuClは, 酸素分圧0.1atmの状況下では分解し塩素ガス濃度で約10<SUP>4</SUP>から10<SUP>5</SUP>ppmと平衡する。また, 573Kにおいては, CuCl, FeCl2, ZnCl2, NiCl2の順で高い塩素ガスと平衡することが示された。

An equilibrium chlorine-gas concentration from some chlorides, NaCl, KCl, CuCl, NiCl<SUB>2</SUB>, ZnCl<SUB>2</SUB>and FeCl<SUB>2</SUB>was studied. The result showed that chlorine-gas liberation from NaCl and KCl can be ignored. The equilibrium concentration of CuCl increased as temperature decreased from 1, 000 to 500 K, while other chlorides displayed the opposite tendency. The concentration from CuCl was about 10<SUP>3</SUP>-10<SUP>5</SUP>ppm at 500 K in the presence of 0.1 atm O2, but others were 3-100 ppm. The result also showed that the order of chlorides characterized as a high chlorine gas producer was CuCl, FeCl<SUB>2</SUB>, ZnCl<SUB>2</SUB>and NiCl<SUB>2</SUB>.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 10(2), 111-115, 1999-03-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002842655
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4697330
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ