嫌気性消化におよぼす硝酸性および亜硝酸性窒素の影響 The Effects of Nitrate and Nitrite on Anaerobic Digestion

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

嫌気性消化槽に脱窒槽としての機能を持たせることを目的として, 一般に嫌気性細菌に対する阻害物質と考えられている硝酸および亜硝酸性窒素のメタン生成反応への影響とともに脱窒反応への影響を同時に回分実験によって検討した。硝酸を添加した系および亜硝酸を添加した系ともにCOD/N23.1以上では最大メタン生成速度はほぼ一定の値であったが, 生成可能な最大メタン生成量はCOD/Nの低下に伴って減少した。酢酸を有機炭素源とした場合, 酢酸からメタンへの転換率はCOD/Nの低下に伴って低下したが, 硝酸性窒素から窒素への転換率はCOD/N15で最大となり, COD/Nを最適値より増大あるいは低下させると脱窒率は減少した。グルコースを有機炭素源とした場合, 硝酸性窒素および亜硝酸性窒素を添加した系の脱窒率は, それぞれCOD/Nl5およびCOD/N6で最大となり, どちらの場合も酢酸と硝酸性窒素を用いた場合と同様にCOD/Nを最適値より増大あるいは低下させると脱窒率は減少した。

In this experiment the effects of nitrate and nitrite on the anaerobic digestion process were studied, focusing on the relationship between methanogenesis and denitrification. The seed sludge used for these batch experiments was maintained for more than 5 months. The substrate used for the experiments was skim milk which did not contain nitrate or nitrite. The inhibitory effects of nitrate and nitrite on the methanogenic reaction, using acetic acid as the sole substrate, were approximately the same. The maximum methane production potentials decreased as the COD/N ratio decreased. Methanogenesis did not occur when the COD/N ratio of substrate was lower than 4.6. The conversion rate from nitrate to nitrogen, with acetate as the sole organic source was at its maximum when the COD/N ratio was 15. The conversion rates from both nitrate and nitrite to nitrogen, with glucose as the sole organic source, were at their maximum when the COD/N ratios were 15 and 6, respectively.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 10(3), 152-159, 1999-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002842725
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4760342
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ