冷蔵庫断熱材からのフロン回収装置の開発 Development of an Apparatus for Recovering CFC Gas from Heat-insulating Foam Panels in Refrigerators

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

欧州ではオゾン層保護の観点から発泡断熱材中のフロンの回収が既に行われている所がある。一方, わが国では現時点で断熱材中のフロンの回収までは行われていないが, 回収の必要性は高まっている。そのため筆者らは, これまで実験プラント等を用いて, わが国で廃棄されるような大形冷蔵庫 (内容積300lクラス) も処理できる廃冷蔵庫断熱材からのフロン回収装置の開発を進めてきた。そしてこれらの成果をもとに平成8年, 実証プラント (冷蔵庫処理量50台/h) を (財) 家電製品協会の環境特別事業として神奈川県秦野市に建設し, 実証試験を行った。その結果, フロン回収量は廃冷蔵庫1台あたり400g程度であること, フロン含有率が既知の標準パネル実験ではフロン回収率は90%以上であることが明らかになり, 断熱材フロンの回収装置の実用化が図られた。

The heat-insulating foam panels of refrigerators contain CFC gas at a concentration four times greater than that of refrigerant CFC gas. To prevent destruction of the ozone layer, there are some places in Europe where they recover not only refrigerant CFC but also CFC gas from the heatinsulating foam panels of refrigerators. On the other hand, Japan has no such facility. We have therefore started developing a CFC recovery apparatus that is suitable for Japanese refrigerators. After various tests, we have built a prototype apparatus that can treat 50 refrigerators per hour. After a one-year test, in which about 8, 000 refrigerators were treated, we have obtained the following results: 1. The recovered CFC-11 is about 400 grams per refrigerator. 2. The recovery ratio from standard panels is 90%.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 10(3), 160-169, 1999-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002842737
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4760359
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ