損傷チェックポイント : 分裂酵母Crb2とMis4からの考察 DNA damage checkpoint control : Are fission yeast Crb2 and Mis4 required?

この論文をさがす

著者

    • 江刺 史子
    • 京都大学理学研究科生物科学専攻 Department of Biophysics, Graduate School of Science, Kyoto Univ.
    • 古谷 寛治
    • 京都大学理学研究科生物科学専攻 Department of Biophysics, Graduate School of Science, Kyoto Univ.

収録刊行物

  • 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 21, 181, 1998-12-01

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002854985
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10468414
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ