非RIプロープを用いたトランスジェニックマウスの迅速簡便な解析法の開発, II. ドット・ブロット法の至適条件と検出限界の検討 Development of quick-and -easy methods to identify transgenic mice by using non-RI probers : II. Sensitivity and improvement of dot hybridization.

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集  

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 21, 332, 1998-12-01 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002855934
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10468414
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ