極東ロシア南部の花崗岩活動に関連する鉱床の鉱化年代 Mineralization Age of Granitoid-Related Ore Deposits in the Southern, Russian Far East

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

表記地域には古生代,中生代初期と後期の花崗岩.類が重複して産出し,特にグライゼン型錫およびゼノサーマル型多金属鉱化で特徴ずけられる多数の鉱床を伴う.しかし,それら鉱化作用がどの花崗岩に関連するかは,必ずしも明確ではなかった.今回,7錫鉱床と3金鉱床からの22試料について主に変質および鉱脈鉱物のK-Ar年代を求め,次の鉱化年代を得た.Sn:Khinganskoe 91.8 Ma,Merekskoe 85.9Ma,Solnechnoe 86.2Ma,Pravourmiskoe 91.8Ma,Vostochnoe 90.3Ma,Chalba 84.4Ma,Tigrinoe 79.4Ma;Au:Krinichoe 79.4Ma(鉱化前岩脈),76.2Ma(鉱化後岩脈),Askold 83.2 Ma,Maiskoe 57.1Ma.以上の様に白亜紀中期以前の古い花崗岩類に相当する年代は得られず、錫鉱化作用は白亜紀後期の花崗岩活動に伴うものであり,その年代と鉱床の性格は日本の山陽帯のそれぞれと類似する.一方,金鉱床も白亜紀後期,一部で古第三紀の年代を示し,中国地方東部一近畿地方西部の同種鉱床の年代に近い.

K-Ar mineral ages were determined on 22 specimens collected from seven tin and three gold deposits in the southern part of the Russian Far East. Average values obtained in the individual ore deposits are as follows: Sn; Khinganskoe 91.8 Ma, Merekskoe 85.9 Ma, Solnechnoe 86.2 Ma, Pravourmiskoe 91.8 Ma, Vostochnoe 90.3 Ma, Chalba 84.4 Ma, and Tigrinoe 79.4 Ma; and Au; Krinichnoe 79.4 Ma (pre-ore dike), 76.2 Ma (post-ore dike), Askold 83.2 Ma and Maiskoe 57.1 Ma. Thus the tin mineralizations occurred related to late Cretaceous granitic activities and are similar to the tin-bearing tungsten mineralization epoch of Southwest Japan. The gold mineralizations are slightly younger than the tin mineralizations in time, and also similar in age to those of Southwest Japan.

収録刊行物

  • 資源地質  

    資源地質 47(5), 255-261, 1997-10-31 

    The Society of Resource Geology

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002859975
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10379890
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09182454
  • NDL 記事登録ID
    4342892
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質) // ZM46(科学技術--地球科学--岩石・鉱物・鉱床)
  • NDL 請求記号
    Z15-123
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ