低品質再生骨材の有効利用方法について New Technique Producing Recycled Aggregate Concrete for Conservation of Resources and Energy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

コンクリート廃材を一次破砕しただけの再生骨材では, 骨材中に微細ひび割れが残存することやモルタルまたはセメントペーストのみからなる骨材が混入することなどにより, 低強度のコンクリートにしか適用できない。本研究では, このような低品質の再生骨材にできるだけ水分を吸収させることにより, コンクリートの硬化過程でセメント水和物がその微細ひび割れ部を充てんすることを期待したコンクリートの強度改善方法について検討した。次に, ポゾラン反応が期待できる液体を再生骨材の微細ひび割れ部に含浸させ, 自癒作用によりその微細ひび割れの影響を減じる方法について検討した。

Concrete waste is hardly recycled to be aggregate for concrete by only normal crushing, because the micro cracks remain in the crushed concrete and the particles consists of only mortar or cement paste are included. Thus many techniques to produce recycled aggregate are proposed and used, but these techniques need significantly much energy and may cause much CO<SUB>2</SUB>. In this paper, effects of the processes for recycled aggregate to absorb a part of mixing water or Pozzolanic material, ex. colloidal silica, on the properties of concrete were reported. One of these processes can be achieved by soaking the recycled aggregate in mixing water or Pozzolanic liquid before mixing concrete. The other process is the mixing procedure for recycled aggregate to soak up a part of mixing water with or without Pozzolanic liquid. In this investigation, the vacuuming sequence before or during mixing of concrete is also evaluated. The absorbed water or Pozzolanic liquid is expected to fill up the micro cracks in recycled aggregate with cement gel by cement hydration or Pozzolanic reaction. Thus the strength of recycled aggregate concrete can be improved, even though the only crushed concrete wastes are used.

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal  

    コンクリート工学 = Concrete journal 37(11), 27-32, 1999-11 

    公益社団法人 日本コンクリート工学会

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002884276
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    4911218
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ