化学プラントにおける制御系設計のための非線形プロセスモデリングの現状と課題 Present Status and Future Tasks of Nonlinear Process Modeling for Control System Design in the Chemical Process Industry

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文では, 化学プラントにおける制御系設計のための非線形モデリングの重要性を述べ, 実用化を進めてきた非線形モデリングの実施例 (物理モデリング, NARMAXモデルを用いた時系列モデリング, ニューラルネットワークを用いたモデリング, カオス的時系列解析・離散化ボルテラ級数モデル・離散ラゲールフィルタと拡張ウイナー級数モデルを用いたモデリング) を紹介する.さらに, 実用化に当たっての課題を述べる.

Technologies of nonlinear process modeling for industrial use have been developed in petrochemical plants. In this paper, the importance of nonlinear process dynamics modeling is explained and its applications in process control system design using a physical approach, a NARMAX model approach, a neural networks approach, a chaotic time-series analysis, a discrete Volterra series model and an extended Wiener series model with discrete Laguerre filters are presented.<BR>The future tasks of nonlinear process modeling for industrial use are discussed.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(3), 357-364, 1998-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  40件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002909990
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4492440
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ