石炭灰を原料とする路盤材の量産・品質管理技術に関する研究 Studies on Technology of Mass Production and Quality Control in Road Base Material Using Coal Ash

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

石炭灰の大量利用技術を開発するために, 粉末状の石炭灰を蒸気処理などにより粒状に固化し, 路盤材とするシステムに関して研究し, 以下の必要条件を見いだした.<BR>(1) 粒状固化体の製造工程を, 石炭灰の塑性限界付近での水による混練工程, 低圧成形工程, 蒸気養生工程および破砕工程より構成する.<BR>(2) 品質の安定した路盤材を量産するために, 石炭灰のCaO含有量, 未燃カーボン含有量が所定範囲となるようにボイラ運転条件を制御する.さらに, 混練物状態を石炭灰性状によらず一定とするために, 混練時の混練機消費動力の大きさ, 時間変化幅に基づいて混練機への注水量を制御する.また, 成形体温度を一定とするために, プラント設置場所の外気温の変化に応じて混練水温度を制御する.

Use of granular solidified coal ash as a road base material has been studied to facilitate the large scale utilization of powdered material. The proposed technology of producing granular solidified coal ash includes steam curing combined with different unit operations. Investigations on the technological and quality control aspects make clear the followings : <BR>(1) A proper technology for large scale processing may consists of the following steps : kneading of coal ash with water around its plastic limit, low pressure molding, steam curing and crushing.<BR>(2) A road base material of good quality can be produced in large qualities from coal ash of fixed CaO content and unburnt carbon content. Further processing includes mixing with the amount of water based on the size and the time change degree of the consuming power in kneader, kneading and molding. The temperature of the kneading water should be adjusted to the ambient conditions.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(3), 374-379, 1998-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002910050
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4492443
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ