EGSTAR(イージースター)撹拌翼の固液間物質移動特性 Characteristics of Solid-liquid Mass Transfer for EGSTAR Agitator

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

バイオリアクターとして実用化されているEGSTAR (イージースター) 撹拌翼を用いて固液間物質移動係数を測定し, 種々の撹拌翼の特性との比較を行った結果, 以下の知見を得た.浮遊化限界回転数以上の操作条件では, 粒子分散系における物質移動係数は, EGSTAR撹拌翼も含め, 翼の幾何形状によらず, 単位体積あたりの撹拌所要動力のみに依存した.また, プロペラやファウドラーといつた液循環型の翼は浮遊化限界動力が低くなった.マックスブレンド翼は最も低い回転数で大きな物質移動係数が得られた.粒子をEGSTAR内に固定した場合の物質移動係数は単位体積あたりの撹拌所要動力依存性に変化が見られないことから, 低い動力域において, 他の翼より, 大きな物質移動係数が得られた.

The solid-liquid mass transfer coefficient <I>k</I><SUB>L</SUB> of EGSTAR agitator, which has been practically used as a bioreactor, was measured and compared with the coefficients of some conventional impellers. Under operation conditions above the critical rotational speed for complete suspension, the solid-liquid mass transfer coefficient depends only on the power consumption per unit volume <I>P</I><SUB>v</SUB> regardless of the impeller geometries. The power consumption of the liquid circulation type impellers, propeller and pfaudler, for the complete suspension was lower than that of the high shear type impellers. The Maxblend impeller has the largest <I>k</I><SUB>L</SUB> among the impellers used at low rotational speed. The EGSTAR agitator, in which solid particles are packed, has larger <I>k</I><SUB>L</SUB> than the other impellers at low <I>P</I><SUB>v</SUB>.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(3), 392-396, 1998-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002910078
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4492446
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ