被覆型複合微粒子充填層の濡れ特性 Wettability of Packed Bed of Surface Composite Fine Particles

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 篠原 邦夫 SHINOHARA Kunio
    • 北海道大学大学院工学研究科物質工学専攻 Division of Materials Science and Engineering, Graduate School of Engineering, Hokkaido University
    • 上野 勝也 UENO Katsuya
    • 北海道大学大学院工学研究科物質工学専攻 Division of Materials Science and Engineering, Graduate School of Engineering, Hokkaido University

抄録

被覆型複合微粒子の物理化学的性質の一つとして, 粉体層の濡れの測定を行った.試料粒子は高速気流中衝撃法によって複合化処理を行った.濡れの評価のために, 複合微粒子の粉体層への水の毛細管上昇による重量増加を, 電子天秤を用いて連続測定した.得られたデータは, ウォシュバーンの浸透高さと重量の関係式に基づいて整理した.<BR>その結果, 粉体充填層の濡れ易さは, 被覆する粒子が親水性の場合, 複合微粒子の被覆率とともに増大し, 埋め込み度合いの増大により低下する.さらに空隙率とともにその濡れ易さは増大し, 有効浸透断面積は減少することがわかった.

A wettability measurement was conducted as one of the physicochemical properties of surface composite fine particles. The particles were prepared by high-speed gas impact blending. To evaluate the wettability, the capillary rising velocity of water in a packed bed of composite fine particles was measured continuously by means of an electronic balance. This measurement is based on Washburn's theory on the penetration rate.<BR>The experimental results showed that the wettability of the packed bed increases with the coating ratio of the hydrophilic fine particles over the composite surface. It also increases with increasing voidage, which reduces the effective penetration area, and decreases with sinking extent.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(3), 407-412, 1998-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002910119
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4492449
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ