鉄多孔体製脱臭フィルターのメチルメルカプタン除去性能と除去機構 CH_3SH Adsorption Properties and Mechanism of Deodorant Filter Made of Iron Hydroxide on Porous Iron Frame

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

鉄化合物によるメチルメルカプタンの除去容量と除去機構について研究し, 鉄化合物のみではメチルメルカプタンの除去は起こらず, 硫黄の共存が必要であることを見出した.これは, メチルメルカプタンとαオキシ水酸化鉄の化学反応によって, CH<SUB>3</SUB>SとHとに分解し, 更にCH<SUB>3</SUB>Sは硫黄と化学結合して除去され, Hは酸化して水になることによって起こることを検証した.続いて, その知見を応用し, 鉄多孔体にLアスコルビン酸, 硫酸第一鉄, 水酸化カルシウムの混合水溶液を添着してオキシ水酸化鉄を生成させ, 更にそれを硫化水素と反応させて脱臭フィルターを製作した.そのメチルメルカプタン除去性能を活性炭と比較した結果, (1) 鉄多孔体製脱臭フィルターのメチルメルカプタン除去容量は活性炭のそれより小さい.また, (2) 鉄多孔体製脱臭フィルターでは, ジメチルジスルフィドは除去できない.ことが明らかになった.

It is suggested that methyl mercaptan is decomposed to methyl sulfide and hydrogen by reaction with the α-iron hydroxide, and then the methyl sulfide combines with sulfur crystal and the hydrogen changes into water by the chemical reaction with theα-iron hydroxide. A deodorant filter was made by treating porous metallic iron with an aqueous solution of L-ascorbic acid, iron (II) sulfate and calcium hydroxide aqueous solution to deposit the iron ascorbate and thea-iron hydroxide on it. Then the deodorant filter was exposed to the hydrogen sulfide to yield the sulfur crystals on the surface of the deodorant filter. The methyl mercaptan removal capacity of the deodorant filter was studied with repetition of removal tests. Results show that the methyl mercaptan removal capacity of the deodorant filter is a little smaller than that of conventional granular activated carbon.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(3), 413-417, 1998-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002910128
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4492450
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ