ウシ血清アルブミン多層吸着多孔性膜を用いたトリプトファンのキラル分離 Chiral Separation of DL-Tryptophan Using Bovine-Serum-Albumin-Multilayered Porous Hollow-Fiber Membrane

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

放射線グラフト重合法を適用して, ポリエチレン製多孔性中空糸膜にエポキシ基を有するビニルモノマー (グリシジルメタクリレート) をグラフト重合した.引き続き, 膜の孔表面に付与されたグラフト高分子鎖中のエポキシ基をジエチルアミンとの反応によってジエチルアミノ (DEA) 基に変換した.得られた膜にウシ血清アルブミン (BSA) 溶液を透過させることによって, BSAをイオン交換作用により多層で吸着固定した.その結果, 最大で単層吸着量の約6倍までBSAが積層した.BSA多層吸着多孔性膜を固定相とし, Tris-HCl緩衝液を移動相としてDL-トリプトファン (Trp) を注入した.BSAの積層数が大きい膜ほど, D-Trpに対するL-Trpの保持時間位比で定義される分離係数は増加した.また, リガンドであるBSAへのTrp位拡散移動抵抗が無視できるため, 分離係数は流量に依らず一定であった.

A diethylamino (DEA) -group-containing polymer chain was grafted onto a porous polyethylene membrane in the form of a hollow fiber by radiation-induced graft polymerization of an epoxy-group-containing vinyl monomer (GMA), followed by a reaction of the epoxy group with diethylamine. Bovine serum albumin (BSA) was multilayered up to six layers by the permeation of a BSA solution through the pores of the DEA-group-containing porous membrane. A chromatogram of DL-tryptophan was obtainable by the injection of a racemic Trp solution into a BSA-multilayered membrane acting as a stationary phase. The selectivity coefficient, defined as the retention time ratio of L-Trp to D-Trp, increased with the degree of BSA multilayer binding, and remained constant irrespective of the flow rate of the mobile phase because of a negligible diffusional mass-transfer resistance.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(3), 458-461, 1998-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002910203
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4492457
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ