管型限外濾過膜を使った濾過での懸濁粒子の影響の研究 Effect of Suspended Particles on Ultrafiltration Membrane

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

デキストラン水溶液を使った管型限外濾過膜の濾過で, 懸濁した粒子の影響を調べ, 透過液流束を測定した.膜モジュール管を水平に配置した場合, 循環させた原液速度が遅いときは懸濁粒子濃度の増加に伴い透過液流束は減少したが, 原液速度が速い場合は, 懸濁粒子濃度の増加に伴い増加した.<BR>膜モジュール管を垂直に配置し, 原液を下から上に流した垂直配置上昇流の濾過実験では, すべての原液速度で透過液流束は増加した.<BR>懸濁した粒子の透過液流束に与える影響の機構について, 円管内の粒子の挙動に関するこれまでの研究を参考に議論した.

The effect of suspended particles on the tubular membrane filtration of dextran solutions is studied, and the permeation flux is measured. In the case of operation with a horizontal membrane module, the permeation flux decreases with increasing particle concentration for low fluid circulation rates, and for high circulation rates it increases with particle concentration.<BR>On the other hand, in case of the up-flow operation with a vertical membrane, the permeation flux increases with particle concentration for all circulation flow rates.<BR>The mechanism of the effect of particles on the permeation flux is discussed based on the behavior of particles in a tubular liquid flow.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(3), 503-505, 1998-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002910311
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4492465
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ