Mixco型抽出装置を用いた乳化型液膜による銅とモリブデンの抽出分離 Selective Separation of Copper and Molybdenum Using Liquid Surfactant Membranes In a Mixco Extractor

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

キャリヤーとして2-エチルヘキシルホスホン酸モノ-2-エチルヘキシルエステル (PC-88A) を用いて, 合成界面活性剤グルタミン酸ジオレイルエステルリビトールによって調製した乳化型液膜により, Mixco型連続抽出装置において銅とモリブデンの選択的分離を行った.Mixco型抽出装置における軸方向のモリブデン濃度分布のpH依存性を, 連続相の金属イオンと分散相中の抽出剤との界面反応を考慮した逆混合モデルに基づいて解析した.回分式反応装置で求めたモリブデンとPC-88Aとの界面反応速度定数を用いることによって, 本逆混合モデルにおいてフィッティング・パラメータを用いることなしに, Mixco塔内のモリブデンの抽出挙動を表現することができた.

Selective separation of copper and molybdenum with liquid surfactant membranes which contain 2-ethylhexyl-mono-2-ethylhexyl phosphonic acid (PC-88 A) as a carrier and L-glutamic acid dioleyl ester ribitol as a surfactant, was conducted in a Mixco extractor. The concentration profile of molybdenum along the column was measured. The experimental results are analyzed by the backflow model taking into account the interfacial reaction between molybdenum in the continuous aqueous phase and the carrier in the liquid membrane phase. The concentration profile for molybdenum in a dual-component solution along the column is successively simulated without using a special fitting parameter just by the interfacial reaction rate constant obtained in a previous batch-wise experiment.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(3), 506-508, 1998-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002910318
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4492466
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ