セミケミカルリサイクルによる廃ポリマーと固体粉末との複合体粒子の生成 Preparation of Composite Particles Composed of Waste Polymer and Solid Powder Using Semi-Chemical Recycle Method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

セミケミカルリサイクルを利用して廃ポリマーとマグネタイト粉末との複合体粒子の調製を試みた.<BR>実験では, 廃ポリマーとしてポリスチレンが, 溶媒としてジクロロメタンが, また, 固体粉末としてマグネタイトがそれぞれ採用された.この溶液が分散相として連続水相中で微小滴化された.<BR>低い撹拌速度と溶媒除去温度では, 良好な被覆型複合体粒子が生成された.一方, 撹拌速度と溶媒除去温度が高くなると, 分散系は不安定になり, 複合体粒子は生成されなかった.

It is investigated whether composite particles composed of waste polymer and solid powder are able to be prepared by using a semi-chemical recycle method.<BR>In the experiment, polystyrene pellets as waste polymer, dichloromethane as the solvent and magnetite as the solid powder are adopted. This solution of the dispersed phase was dispersed into fine droplets in the continuous water phase.<BR>In the case of the lower impeller speed and the lower temperature for removing the solvent, composite particles coated with solid powder can be prepared. However, with increasing impeller speed and temperature, the dispersion becouse unstable and then the composite particles can not be prepared.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 24(3), 509-511, 1998-05-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002910326
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4492467
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ