微小重力場での結晶化現象その場観察の試み An Attempt of In Situ Observation of Crystallization Phenomena under the Micro Gravity

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2次核発生とそれに続く結晶成長過程を, 落下塔による微小重力を利用して, 動的光散乱計測および光学顕微鏡によりその場観察した.微小重力場では, 過飽和溶液中の種晶から発生した結晶核の動きの停止, 非合体, および, 他領域からの新たな結晶核の発生がなかったこと, また併せて, 動的光散乱計測システムで, 発生結晶の数, 粒径の経時変化に関するナノオーダからのデータが取得できることを確認した.

The process of secondary nucleation and the subsequent crystal growth process have been investigated both by fast-dynamic light scattering method and optical microscop under the micro gravity in drop shaft. It was found that the movement of crystals formed in solution could be suppressed completely in micro gravity, in which collision and agglomeration phenomena did not take place. No nucleation occured except for the seed crystal surface. Also it could be measured the number and size of produced crystals with order of nano-meter by fast-dynamic light scattering method.

収録刊行物

  • 化学工学論文集

    化学工学論文集 24(3), 523-525, 1998-05-10

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002910362
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4492471
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ