単純繰り返し配列を排除したrpsL標的遺伝子に生じる自然突然変異(1)塩基置換変異の発生と抑制の分子機構 Spontaneous mutations occuring on run-free rpsl target sequence : (1)Molecular mechanisms of base-substitution mutagenesis.

この論文をさがす

著者

    • 上向 健司 UEMUKAI Kenji
    • 奈良先端大・バイオサイエンス Graduate School of Biological Science, Nara Institute of Science and Technology
    • 中田 明子 NAKADA Akiko
    • 奈良先端大・バイオサイエンス Graduate School of Biological Science, Nara Institute of Science and Technology
    • 大洲 竹晃 OHSU Takeaki
    • 奈良先端大・バイオサイエンス Graduate School of Biological Science, Nara Institute of Science and Technology
    • 真木 寿治 MAKI Hisaji
    • 奈良先端大・バイオサイエンス Graduate School of Biological Science, Nara Institute of Science and Technology

収録刊行物

  • 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集  

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 21, 351, 1998-12-01 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002918445
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10468414
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ