dA/dT Tractにおける1塩基付加型フレームシフト変異の発生機構 Molecular mechanisms of frameshift mutagenesis at repetitive sequence of DNA

この論文をさがす

著者

    • 関 峰秋 SEKI Mineaki
    • 奈良先端大・バイオサイエンス研究科 Graduate School of Biological Sciences, Nara Institute of Science & Technology
    • 真木 寿治 MAKI Hisaji
    • 奈良先端大・バイオサイエンス研究科 Graduate School of Biological Sciences, Nara Institute of Science & Technology

収録刊行物

  • 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集  

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 21, 352, 1998-12-01 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002918448
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10468414
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ