酵母ヒイストンアセチルトランスフェラーゼ複合体, SAGAとNuA4は異なる作用機序により転写を活性化する NATIVE YEAST HISTONE ACETYLTRANSFERASE COMPLEXES DIFFERENTIALLY REGULATE TRANSCRIPTION MEDIATED BY DISTINCT ACTIVATION DOMAINS

この論文をさがす

著者

    • 池田 啓子 IKEDA Keiko
    • ペンシルバニア州立大学 Howard Hughes Med. Inst. & Dept Biochem. and Mol. Biol., Pennsylvania State Univ., USA
    • WORKMAN Jerry L.
    • ペンシルバニア州立大学 Howard Hughes Med. Inst. & Dept Biochem. and Mol. Biol., Pennsylvania State Univ., USA

収録刊行物

  • 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集  

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 21, 404, 1998-12-01 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002918783
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10468414
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ