HIVプロモーターのGCに富む配列を介した転写調節機構の解析~新規zinc finger因子GBFの機能解析を通して Isolation and intial characterization of GBF, a novel DNA-binding zinc finger protein that binds to the GC-rich binding sites of the HIV-1 promoter

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集  

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 21, 413, 1998-12-01 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002918837
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10468414
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ